ある権威ある統計によると、医療事故の発生件数は、少し前までは年2000件弱であったものが、現在は年3000件程度に増えていると言われています。
 増加の背景には様々な要因があると思いますが、そうした分析は別稿に譲るとして、医療事故に遭遇するリスクは、残念ながらむしろ高まっていると言わざるを得ません。
 当事務所の最大の特徴ともいえますが、当事務所の所属弁護士は、全員医療過誤事件を扱っている経験を有しております。現在も、20件以上の医療事件に関わっています。
 医療過誤事件の特徴は、医療という高度に専門的な領域における過失、因果関係を検討し、真相を見極めなくてはならないことであり、医療事件を扱う弁護士には、そうした真相解明に向けたある種の法的なスキルと一定の医学的知識を有していることが求められます。
 また、一言で医療事件といっても、医療の領域そのものが高度に専門化し、分化しておりますので、医療事故の真相の解明のためには、患者側に立って真相解明に協力してくれる協力医の存在が不可欠でもあります。
 もし、ご自身、あるいは身近な存在の大切な方が医療事故に遭ったのではないかとお感じになったら、できるだけ早く弁護士に相談されることをお勧めします。
 残念なことではありますが、カルテの改ざんや隠ぺい、あるいは事故について虚偽の説明がなされることは決して稀なことではありません。
 また、医療の領域では、重要な局面で、セカンドオピニオンを求めるのが常識となっておりますが、医療過誤事件についても、セカンドオピニオンが有用な場合があります。
 医療事件では、真相解明に向けて弁護士が努力しても、たとえば、事案の真相解明に相応しい協力医が見つからないなど、調査が手詰まりになってしまうことはしばしば見られることです。
 そうした場合、医療事件の経験が豊富な別の弁護士にセカンドオピニオンを受けることが真相解明につき極めて有用であることがあります。
 当事務所においても、そうしたセカンドオピニオンに応じるようにしておりますので、お悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
 もちろん、事件を引き受けて調査中、あるいは訴訟中の弁護士の方からのご相談にも応じておりますので、遠慮なく当事務所宛ご相談いただければと存じます。

  • ٌm@{pY
  • ٌm@{VAK
  • ٌm@ܖ{ai
  • ٌm@m
  • ٌm@|{D


 | 事務所紹介 | 弁護士紹介 | 取扱事件領域 | 費用のご案内 | トピックス 
(c)2016 葵法律事務所 All Rights Reserved.

ページトップへ戻る